« 続く子どもの虐待事件 | トップページ | 養護施設の卒園式 »

今日は参観日

今日は保育園の参観日でした。
私は本会議があり、参加できなかったので、
夫が行ったのですが(知らない方もいると思いますが、夫は夜仕事してます)
ちなみにクラス7人中、3人お父さんが来てたそうです。

子育ての価値観って夫婦でも本当に違っていて、
びっくりすることがあるのですが、今回もそうでした。
私は行きたいのに行けない参観を夫に頼んだら、
朝まで仕事なのに・・・、とあまり乗り気でないのです。
私にしてみたら、親が参加する学校行事には積極的に関わるのが当然、
というより、関わりたい、と思うのが当たり前、と思ってました。
でも夫からしたら、無理してまで・・・、という感じ。

お父さんが早くに亡くなって、働くお母さんに育てられた夫としては、
親が参加するかしないか、が、愛情のバロメーターではない、
って、言い分です。

わからなくはないけど、、、どうなんだろう???

この間、テレビに出たことで、ご批判もいただきました。
その中に、子どもを保育所に預けて働いている貴方は、
親として責任を果たしていない、とか
子どもが愛情不足を感じるのではないか、とか
まさしく虐待だ、という感じで・・・。

どうなんでしょう。
子育てに正解は無いと思っているので、
うちの子どもが将来、どんな悩みを持つのかはわからないけれど、
時々で、軌道修正しながらも、
愛情は、しっかり伝えていきたいし、その方法は、
家庭の都合もあるだろうし、人それぞれで良い気がします。

ということで、私と夫ですら、
子育ての価値観や愛情を伝える方法は違いますが、
すり合わせをしながらやっていかねば。

あ、一致しているのは、
一生懸命働く姿を見せようね、というところかなー。

|

« 続く子どもの虐待事件 | トップページ | 養護施設の卒園式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続く子どもの虐待事件 | トップページ | 養護施設の卒園式 »