« 市議会議員の定数削減と議員報酬 | トップページ | 障がいを持つ子どもたちも夢を語れるように »

議会の閉会と日々思うこと

3月の議会は閉会しました。
今回は質問した項目どれも芳しい回答はありませんでした。

橋本知事がまた毒を撒き散らしています。
香川県でおこっていた出来事を彼が国を攻撃する材料として使ってるのに
等の香川の知事はどうなんでしょう?
橋本知事を個人的に好きかどうかは別としても、
とてもわかりやすいし、これまで明らかにされていなかったところを
府民だけでなく、私たちに教えてくれていることには感謝するします。

奇抜なことが良いというのではなく、
覚悟をきめて戦うためには、あれくらい過激にならないといけない
場合もあるのだ、と最近思ってきました。
私は、あまり波風をたてないように、それで実をとれば良い、
と思ってきましたが、どうなのでしょうか。
(そんなことないよ、結構、波風立ててるよ、と思われる方も多いかも
しれないですが・・・)

質問前の事細かな、質問調整(打ち合わせ)だって、
本会議前に全てが分かるのなら何で本会議が必要なのか。
今回、私は再質疑をしましたが、事前の打ち合わせが足りないよ、
という指摘を受けました。
しかし係の方と打ち合わせをしてもしても、いつも通じあうわけではなく、
市長や教育庁などトップの方の行政マンとしての言葉でなく、
心のうちを生の声を本会議で聞きたいと切に願う私としては
もう少し柔軟性のある本会議にしていただきたいです。

どうして「していただきたい」という言葉になるかというと
議会の在り方を変えるのは『議会改善検討委員会』という委員会ですが、
私はまだそこに出ることはできないので、遠くから願うしかないわけです。
議員全員で、どんな議会にするか、公の場で話をする機会があれば
改革のスピードはあがるのに、と思います。

現状に嘆くばかりでもいけません。
いつも、市民の皆さんに後ろめたくない、発言・行動ができているのか
ということを基準として、
とにかく自分にできることを精一杯していきます。

皆さんから教えていただくことが活動のテーマになったりもしますので、
お困りのこと、変だよ、と思っていらっしゃることがありましたら
ぜひ、教えてください!

|

« 市議会議員の定数削減と議員報酬 | トップページ | 障がいを持つ子どもたちも夢を語れるように »

コメント

いろいろと市議会のあり方に切歯扼腕されているようですね。現在の議会のあり方から見れば当然のことかと推察いたします。

本会議がつまらないのは、事前に回答が分っているからでしょう?
結局は議員の市民へのアピールと自己アピールに過ぎないと私には思えてなりません。市当局側の多数の議題提案に対して、検討・検証する時間が余りにも短いため、詳細が良く分らずに本会議での質疑はいわば「出来レース」「追認」のごときものになってはいないでしょうか。

質問に対する回答は、右派から左派までの幅広い各会派の議員各位の反発を招かないような回答しか出来ないこともあるでしょう。また、短期間で予算が伴うことを諾とも応えられず「善処したい」とか「前向きに対処したい」で終ってしまうのだと思います。

前から言われていますように「各種の大きな施策について計画策定の段階から議員が参画できれば」このような弊害は相当に改善されたものとなりましょう。それには市当局の反発も、時には理由を付して拒否されるでしょうけど。

それならば会派間で協議したり、妥協しながら「市民のため」の施策をきちんと議員提案すればいいのです。これは不可能なことでしょうか。出来ないとしたら、議員は何のためにあるのでしょうか。

今の市議会議員を選出した市民は選挙の時のみ騒ぎますが、当選したあと、その議員がどのような活動をしているかチェックしている市民はどの位いるでしょうか。チェックが厳しければ、議員各位も活動のし甲斐があろうというものでしょうけど、現状はお寒い限りです。
この市民ありて、この議員あり(私自身の自戒でもあります・・・)が大半かと思っています。

市議会定員を51人から40人に減らすと決したとのことですが、地方自治法?での定数より少ない定員とされたことには敬意を表しますが、私はそれでも多いと感じています。
極論を申し上げれば40人の半分の20人とし、その代わり報酬は日本一にしても結構かと思います。

そうすれば、本会議で無駄な?質疑をするよりも、議員を4班位に分けて市の各局・部の課長会議の内容等を陰に陽に把握して市民の目線で、時には市民の目線を越えた将来を見越した指導も行うこともできるのではないでしょうか。

まあ、無理なことを承知してお話をしています。
市側は、議員各位には知られたくない、邪魔をされたくないことが沢山あると推測しますが、これ位のことをしないと議会改革なんて夢物語でしょう。もっとも、私が申し上げていることが夢物語でしょうけど・・・。
要するに私がの言いたいことは、議員各位が待ちの姿勢?から市民の代表として積極的にあらゆる市政に関与して欲しいということなのです。

久しぶりにコメントさせていただきましたが、HPは毎日チェックしております。
今回は的外れの所もありますが、斟酌していただければ有難いです。

議員、母親、妻として大変な毎日をお過ごしと推察いたします。
お身体には十分に留意され、今後もご検討されるよう心よりお祈り申し上げます。


投稿: 森田 武 | 2009年3月27日 (金) 21時39分

たかまつ市議会レポート読みました。
私は、5か月の子供を持つ母として、岡野さんをとても身近に感じ、期待したいと思っています。乳幼児の細菌性髄膜炎の問題や、子育て(放課後子ども教育・保育所の直接契約)の問題に関心があり、いま私なりに今感じていることをお伝えしたいと思います。
 うちの近所には近所に児童館がありますが、発足の歴史を聞くと、やはり、ワーキングマザーの強い願いから実現したようです。そこには、ゼロ歳児から小学生まで幅広く遊ぶことができ、遠方からもママたちが来て、もっとうちの近くにもあればいいなあと話しています。もちろん、子育て支援センターもあり、アドバイスを受けることができるのはとても大切なことですが、毎日利用できるところがすばらしいのです。(月曜以外)もうひとつは、大人が三人見ていてくれるという安心感。(乳幼児は、保護者同伴)
どのような運営になっているのかはわかりませんが、小学校区ごとに必要なのでは?と感じます。ぜひお子さんと児童観に視察がてら遊びに来てください。サンメッセで、小川じゅんやさんのふれあいパーティで、小さな子供さんと来られていた姿に、ママたちの強い味方を見つけたような気持で嬉しくなり、コメントさせていただきました。

投稿: 川原 | 2009年4月16日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514660/28827276

この記事へのトラックバック一覧です: 議会の閉会と日々思うこと:

« 市議会議員の定数削減と議員報酬 | トップページ | 障がいを持つ子どもたちも夢を語れるように »